Archive for July 2007

31 July

8月に向けて

だんま  ●会報はとどきましたか。東京はまだつゆがあけません。九州には台風が迫っているようです。

選挙が終わり、7月が終わります。こんな結果なら前の選挙であんなに勝たせなかったらよかったのに。

●30日、小田実が亡くなりました。75歳。胃がんとか。午前2時になくなっていますから、選挙結果も知らずに逝ったのでしょう。

31日、朝日新聞は社説で扱いました。かれのサイトに6月2日、最期の手紙が載っています。今年は「中流の復興」による平和の維持を訴えていました。

滝沢さんが小田氏らのベ平連運動について書いたものを読み直してみました。『人間の「原点」とは何か』(三一書房)の3、4ページです。ご冥福を祈ります。

●佐藤優・白井聡の対談を拝聴してきました。質問を一つしておきました。佐藤さんの出現は当協会にとって一つの事件です。不完全ですが「掲示板 for mania」をご覧ください。

集会をもう一度掲げておきます。
8月2日(木曜)「柏崎刈羽原発現地報告」(総評会館)
これは「原子力資料情報室」(CNIC)主催でした。


[Read more of this post]
22:45:52 | joy | 1 comment | TrackBacks

27 July

27日日記

だんま 関東はまだ梅雨明けしませんが、さすが暑くなってきました。

本部ではいま「会報」準備の最終段階に入っています。

「会報」発送の後にはトップページに予告の集会があります。東京では研究会、読書会、九州ではセミナーです。

集会のおしらせ。

29日(日曜)佐藤優×白井聡対談「未完のレーニン」(三省堂本店)
8月2日(木曜)「柏崎刈羽原発現地報告」(総評会館)




22:37:47 | joy | No comments | TrackBacks

24 July

7月24日日記

だんま  地震の影響は見込み以上のようですね。また、原発に関する新聞記事を読むと暗然たる気持ちになります。それでもだれももう一度原発を見直そうとは言わない。思考停止のニッポン。

21日は施餓鬼会の法要に参加。22日は西田哲学会に参加。

西田哲学会は午前中の発表三つが、会員の石井さんのを含めてとてもよかった。さすが充実していました。

午後はシンポジウム。「西田哲学における哲学と宗教」と題して、会員の延原さんのキリスト教の立場からの提題のほか、禅、真宗の立場からのものがそれぞれありました。

延原さんの発言をめぐって会場から滝沢への批判がありました。これは「掲示板 for mania」に取上げましょう。(「伝言版」をご覧ください)

学会は充実してはいましたが、「日本の哲学って何なんだろう」という思いがしきりにした一日でもありました。最近の心境です。

さて、このあと、本部は会報発行、予告の研究会の準備に入ります。会報は8月上旬に会員に郵送されます。

また、第一回の読書会を開催しますので、お知らせします。秋月龍みん『誤解された仏教』(講談社学術文庫)をとりあげます。9月の予定。本サイトで詳細を発表します。

22:12:37 | joy | No comments | TrackBacks

17 July

もろもろ日記

だんま  連休最後の日の中越沖地震、お見舞いいたします。不明の方がはやく発見され、犠牲者がこれ以上でないことを祈ります。(会員の有無については不明です)

お年寄りが家を失って涙を流していました。見るに忍びないですね。地域住民の連帯と自治体・国の手厚い施策を期待します。

さて、西田哲学会が21,22日に迫りました。当サイトの「リンク」ページの当該学会にアクセスください。会員の延原さん、石井さんが講演、発表をされます。田中裕さんも司会をされます。獨協大学です。

在京幹事会は先日の会議を受けて「会報」作成の準備に入ります。


私事に渡りますが、先日の会議で、このサイトを管理するものとして、「国内向けは、ほぼやり尽くした。これからは海外向けのページに力を注ぎたい」と語ったばかりです。

国内向けページにまだ課題は在りますが、時間の問題です。「もういいだろう」の思いがします。それで海外向けを考えている次第です。海外の誰に当てがあるということもないのですが、このサイトに親しんでくださっている方々にもご報告しておきます。出来れば海外向けに専念したいのですが、現状ではままなりません。

そんなおり、「伝言版」で I さんから慫慂を受けました。ひとつには上記のような思いがあること、いまひとつには丁度夏休み前でばたばたしている時期であること、で、しばらく時間をいただきます。少しやすみたい…


22:02:05 | joy | No comments | TrackBacks

15 July

在京幹事会など

だんま   13日、在京幹事会が終了しました。

新幹事の歓迎と総会の反省会が中心でした。今年の動向を振り返って来年に向けた構想と練りました。8月上旬には『会報』をお届けする予定です。

会議では滝沢克己に全集のないことがひとしきり話題になり、原点を改めて確認させられました。


21日、22日は獨協大学で西田哲学会があります。会員諸氏が活躍されますのでご参加ください。詳細は「リンク」ページの「西田哲学会」をご覧下さい。




00:44:13 | joy | No comments | TrackBacks