Complete text -- "8月に向けて"

31 July

8月に向けて

だんま  ●会報はとどきましたか。東京はまだつゆがあけません。九州には台風が迫っているようです。

選挙が終わり、7月が終わります。こんな結果なら前の選挙であんなに勝たせなかったらよかったのに。

●30日、小田実が亡くなりました。75歳。胃がんとか。午前2時になくなっていますから、選挙結果も知らずに逝ったのでしょう。

31日、朝日新聞は社説で扱いました。かれのサイトに6月2日、最期の手紙が載っています。今年は「中流の復興」による平和の維持を訴えていました。

滝沢さんが小田氏らのベ平連運動について書いたものを読み直してみました。『人間の「原点」とは何か』(三一書房)の3、4ページです。ご冥福を祈ります。

●佐藤優・白井聡の対談を拝聴してきました。質問を一つしておきました。佐藤さんの出現は当協会にとって一つの事件です。不完全ですが「掲示板 for mania」をご覧ください。

集会をもう一度掲げておきます。
8月2日(木曜)「柏崎刈羽原発現地報告」(総評会館)
これは「原子力資料情報室」(CNIC)主催でした。


●身近なところから: 在京幹事のSさんが「日本修士論文賞」を受賞しました(下注参照)。「包括ケアとボランタリ・コモンズ」のタイトルです。出版の運びになるのでは。

(注ー「受賞」は当方の間違いでした。決定は12月。現在、最終選考に残った段階とのこと。受賞選考とは別の、出版の選書会議にかかったとの私信を誤読しました。当方のミスで訂正し、お詫びします。1日朝加筆)

論文は滝沢さんの人間論を受けとめてしかし独自に新しい社会の方向を探った注目すべきものです。福祉施設のセンター長として勤めながら、夜間の修士課程で2年学んだ成果です。

●こんな小さな会、何も起こっていないようで次々にすべてが移ろいます。百人一首より

 有馬山 猪名の笹山 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

八月は鎮魂の月です。



22:45:52 | joy | | TrackBacks
Comments

dRcSkpXLcchO wrote:

Serait-il possible de savoir le nom du photographe de la première photo ? Elle me fait penser aux montages de David Hockley. Encore une fois belle sélection. Pr©cférenÃe pour la 4
11/30/16 20:36:57
Add Comments
:

:

トラックバック