Complete text -- "『わたしが治る12の力』(上野圭一・著)と野口晴哉と法然上人"

27 December

『わたしが治る12の力』(上野圭一・著)と野口晴哉と法然上人

寺日誌: 2005年6月に東京で開かれた等石忌(滝沢克己を偲ぶ会)の際に講演をいただいた鍼灸師・翻訳家の上野圭一さんの書き下ろしがこの12月に発刊されました。『わたしが治る12の力』(学陽書房)1800円(税別)、副題は「自然治癒力を主治医にする」です。
6月の講演会ではすでにこの「12の力」の内容を惜しみなく披露してくださったので、当日お聴きの方はすでにご存知の通りです。同書は「12の力」それぞれに1章づつを当てた12章の構成――?自然力 ?場力 ?感応力 ?無意識力 ?代謝力 ?呼吸力 ?信念力 ?イメージ力 ?放棄力 ?絆力 ?愉快力 ?患者力――です。一家に一冊・家庭の常備薬としてぜひお買い求めの上 中味をお読み下さい。どなたにもどれかの章には必ず強く思い当たり、惹かれる箇所があると思います。

さて今日は、同書のお薦めはもちろんのことですが、著者・上野圭一さんが整体の野口晴哉(のぐち・はるちか)の言葉に触発されていることから、思わずここに書いておきたくなることがあって出てきました。
野口晴哉(1911〜1976年)は関東大震災の罹災者の身体を診たことを契機に、愉気(ゆき)という手のひらで気を送る方法(本来の意味での「手当て」)と、活元運動という体操の一種により身体の弱り、滞り、不必要なねじれを解消させていく方法を普及させました。咳やクシャミ・鼻水・発熱・炎症といった風邪の諸症状、あくび、寝相、記憶をたどる時に頭に手をやる仕草…これらも無意識の活元運動とされます。野口整体について現在入手しやすいものには、ちくま文庫の『整体入門』『風邪の効用』があります。
上野さんが『…12の力』で紹介し、考察の対象とした野口晴哉の名言は「病は治るもの也 何かをしなくとも自ら(おのずから)治るもの也 治らざるは、自分が病んでいるから也 自分が病まねば 病は自ら去る也 それが病むということ也」というものです。これは市販本ではありませんが『偶感集』という野口の断想集からの言葉です。同書のタイトルが『病気が治る12の力』でなく『わたしが治る12の力』である所以です。

野口晴哉(はるちか)は、畳の下に隠された一本の針のありかを手の平からの気によって探しあて、前を歩いている人に気を送ることで、後ろに振り向かせることができ、電車の座席に座っている人を気によって立たせるように(立ちたくなるように)誘導することができ、滝の音をエイッ!という気合により止める(いや、滝の流れを一瞬止めたのだったか、ちょっと定かではありませんが)ことのできた人でした。この気は人間誰しも持っているもので、実際、野口の直弟子たちも修練の結果これらが出来る人たちでした。誤解のないように添えておきますが野口整体はこれらのことが出来ることを目的とするものではありませんし、一方、出来たからといってそれは人間の力の一極であって、超人的な技(超能力)として誇ることもしませんでした。野口は神や宗教を語らずに、だれもが持っている気の働き(すなわち身体そのものの生来的な力)に気づかせようとつとめたただけでした。
滝沢先生は晴明教での浄霊の業を「神人の関係」を踏まえて説き明かそうと試みました。もしもあの時滝沢が晴明教ではなく、神を説かない野口整体に出会っていたら、身体論の発端がどうなっていたろうかと想像します。≪※注/「神を説かない野口整体」とはこの場合、滝沢の言うインマヌエルでない神を説かなかったという意味はもちろんのこと、インマヌエルとしての神や晴明教での明主様というような存在も、整体では前面に出てこない≫
今年6月の上野圭一さんの講演でも、野口晴哉の名がちらりとあがり、滝沢克己の表現のまどろっこしさよりも野口の直截さを評価したように聞こえた個所があり、滝沢の著作を読む以前から野口整体にお世話になっていた私には大変面白かったのです。果たして、上野さんの新著には冒頭から野口晴哉の言葉が紹介されていて、ああやっぱり!と思った次第です。≪注/ただし、『…12の力』には、わたしと自然の関係において滝沢の名前こそ本文には出てこないものの(巻末に参考文献として記載あり)、その影響がはっきり記されていることも念のため付け加えます。≫

野口晴哉は人間本来の力と各個人特有の体癖を説くだけで、いわゆる宗教というものを表立って説きませんでした。しかし彼が非宗教的思考の持ち主であったかといえばそうではありません。
同じく『偶感集』の中に「好きな十人」という野口の好きな人物10人をあげて評する文章があります。

「荘子、キリスト、臨済、白楽天、バルザック、ドビッシー、ヘンデル、ルビッチ、法然、カザルス。
 (中略)……臨済の現実肯定のキビキビした姿、馬祖の現実を大きく動かす力、ヘンデルの逞しさ、それらを近代的に小さくまとめたバルザック、好きだなあ。しかし法然は私のもっとも好きな、たった一人の日本人だ。彼の細心な逞しさを見ないで日本の宗教を語ることは出来ない。しかしドビッシーの逞しいニュアンスを見逃して近代の音楽を聴くことは出来ない。この二人の裡の動きに、新しい世への閃きを感じない人は、同じ道を行く人ではない。……」

私が野口整体と、自らの宗旨とは全く何らの関係無いところで出会っていただけにこの文章はまことに嬉しい限りでした。
終わりにもう一度.一家に一冊上野圭一.『わたしが治る12の力―自然治癒力を主治医にする』(学陽書房)1,800円(税別)。野口晴哉。法然上人。三題つながったところで お後がよろしいようで……



 
14:25:14 | joy | | TrackBacks
Comments

あがるま wrote:

野口晴哉は40年ほど前には、オーディオ界で有名でした。お金もあつたのでせう(奥様は天皇家に近い方だとか)、まだ日本で手に入り難かつた外国のオーディオ機器を、道場などで沢山使はれて、短い言葉で的確な表現をされてゐるのを、雑誌の記事で拝見して羨望の的でした。

それから大分経つてからのことですが、多摩川に近いお屋敷街を通ると、同名の表札があつたので、多分そこがご自宅だつたのでせう。

勿論お逢ひしたこともないのですが、何だか懐かしくなりました。息子さんなど後継者も居られるのでせうか?
12/28/05 05:22:34

寺日誌 wrote:

<あがるま>さんへ。野口晴哉がオーディオにうるさかったことは知ってはいました。が、整体を抜きにしてオーディオ界でも(評者として)有名であったことを初めて知りました。
自宅は二子玉川の近くと聞いていましたので<あがるま>さんの通りかかった家がたぶんそうだったと思います。
現在野口整体は、「社団法人整体協会」(この言葉でWeb検索してみてください)として全国に15の支部を持っています。
野口晴哉夫人は昨年7月に亡くなりました。近衛文麿・元首相の長女です。
下世話な話ですが、野口晴哉は全くの「馬の骨」の出身。かたや夫人は皇室の血をひく近衛家直系のお家柄。当時としては大変型破りな結婚だったことでしょう。
12/28/05 13:50:00

joy wrote:

 神を表だっては語らずとも、自然治癒力の働きを受け取れることを拝読し、すがすがしい気持ちになりました。
 野口整体は知りませんでしたが、気という働きは、「元気」ということばが示す通り、体だけでなく心にも働くものでしょう。健康は、心身両輪で保たれるものだと思っています。
 その心身両輪の根底がどうなっているか、そこへの働きがどうなっているか、そこを私は(いつも)問いたいと思います。
 
12/28/05 17:36:19
Add Comments
:

:

トラックバック